―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

脇汗を手術せずに止める方法

あなたが常に脇汗のにおいについて苦悩しているなら、それを招いてしまう要因と解消法を理解することからスタートすることが重要です。それさえできれば、脇汗のにおいに係わるストレスから解放されることもできるはずです。
トップページ > 汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

汗を分泌する汗腺には『エクリン腺

汗を分泌する汗腺には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2種類があります。

体中に存在する『エクリン腺』から分泌する汗は、99%が水分であることから、ほぼにおいがない汗です。

緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。

手汗の量が多い「多汗症」もエクリン腺から分泌される汗が原因です。

思春期に脇や外陰部など、決まった部分に発達する『アポクリン腺』の汗も、流れでた直後はほぼニオイがありないのです。

ただし、ケアしないまま時間が経つと肌の細菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを発生します。

加えて、色素成分が脇汗にふくまれるため、黄ばみの原因になります。

わきがケアにおける基本は、肌の汚れを落とすことと潤いを保つことです。

しっかりと汚れを落とせていないとわきの肌表面のトラブルが起こる要因となります。

さらに、肌の乾燥もまた外部の刺激から肌を守る機能を弱めてしまうので、乾燥指せないようにして頂戴。

しかしながら、保湿をおこないすぎることも逆効果になります。

あまり知られていないのですが、汗は臭わないんです。

脇汗だって同様です。

だけど、汗が出てケアを怠り時間が過ぎると、脇汗が衣類に染み込み、それがニオイの原因物質に変化して、汗臭いニオイや、ワキガのニオイを発するようになるのです。

一段と発汗量が増えると汗を分解する細菌が増殖しやすい環境になるため、ケアしないままでいるとますますニオイます。

夏やスポーツをした時の汗のにおいが臭いのはそのためです。

「保湿」をすることは脇の汗を抑えることにつながります。

肌は乾燥をすると、皮膚の乾燥を防ぐために皮脂、脇汗を分泌し初めます。

体の重要な機能と言える点ですが、脇という場所でこの効果が示されると、ワキガという問題がでてくることがあります。

ワキガ対策用のクリームの成分には、植物性のエキスが使われていることがあります。

海藻エキスなどの保湿成分が入っているものが多く、こうした効能によって脇汗を抑える効き目を期待することが出来ます。

内臓のはたらきのために汗の臭いがきつかったり多汗症など病的な原因を除外して考えると、毎日シャワーを浴びることや、脇汗を抑える対策をするなど、身だしなみレベルの対策で抑えることが出来ます。

暑い時期には、自分で思っている以上に周りの人に負担を与えていることもあります。

デオドラント対策に手を抜かないで、「脇汗のにおいがキツイ!」と噂されないように充分気をつけましょう。

バナナは体臭の予防効果が期待されているビタミンCが少量しかない、しかしそれ以外に大事なカリウムやカロチン食物繊維は豊富にふくまれていますので、体臭の予防効果が期待する事が出来る食品だ。

わきがの予防にも効果があるかもしれないですね。

しかも、バナナのブドウ糖は体内でエネルギーに変換しやすく乳酸を造り出すことを制御してくれるので運動するときに食べると脇の汗などのアンモニア臭の予防効果を見込める。

誰の皮膚にもいる皮膚常在菌は、皮膚を病原菌などから守ります。

病原性は示されていないのです。

雑菌が、体の分泌物を分解するときなどに、嫌な臭いの原因の物質を造り出すのです。

これがワキガや足の臭いとなるのです。

こうした点を聞くと、やっぱりワキガがあると足の臭いもやっぱり強烈なのではないかと思うかもしれないのですが、それは誤解です。

ワキガで感じる臭いと、足で感じる臭いは、雑菌が分解する分泌物がまったく異なるのです。

欧米はワキガの体質の人が多いようですが、日本は少ないと言われているのです。

なぜちがうのか。

それは食文化が大きな影響を与えていると考えられています。

高脂肪・高カロリー。

こうした食べ物は皮脂腺、アポクリン腺が活動的になります。

逆に穀物や野菜、魚にはビタミンやポリフェノールなどワキガ体質の改善に有効な栄養素(これを気にして献立を考えるのは非常に大変です。

でも、家族の健康を維持するためには必要なことだといえるでしょう)がふくまれています。

こうした事を考えると、野菜・魚を中央にした食生活の日本とは逆に、肉がメインの欧米はワキガの体質で困る人が多いことも同意が出来るます。

臭いを防ぐためにデオドラントクリームを活用する事もできますが、ワキガ体質の場合や軽度のワキガの人に対応できる治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と言われているのです。

塩化アルミニウム液や臭化プロバンテリン、渋皮エキス。

効果が良いと言われるのはこうしたものです。

また、健康状態が悪かったり、メンタルのバランスが崩れているときは、ホルモン系のバランスが悪くなっているためワキガ臭が強くなっている可能性がある人には、沿うした点に効果がある薬も併せて処方される場合もあります。

わきが治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は子供にとって都合が良い時期と適切な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)方法また良いクリニックに出会うことが出来れば、数回にわたって手術をする必要もなく一生に一度の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)で完治します。

発育や臭味のレベルによって、お子さんに対して対策が変わってくるでしょう今は手術を考えたくないというお子様もいると思いますので、子どもの意向を考慮に入れながら都合が良い時期と、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)方法を見つけましょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 脇汗を手術せずに止める方法 All rights reserved.