―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

脇汗を手術せずに止める方法

あなたが常に脇汗のにおいについて苦悩しているなら、それを招いてしまう要因と解消法を理解することからスタートすることが重要です。それさえできれば、脇汗のにおいに係わるストレスから解放されることもできるはずです。
トップページ > 人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つです

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つ

人間が汗をかくのは必ず起きる生理現象の一つですが、時として思った以上に沢山の汗をかき、日常生活に支障をきたす病気を『多汗症』と言います。

脇汗が多い状態を『腋窩多汗症』と言います。

腋窩多汗症は、若い人に多く見られ、シゴトやスポーツ、レジャーなどの通常生活で制限がありメンタルを蝕む辛い疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)でもありますしかし、医療機関へ行き、治療することができます。

どのような治療方法があるのかをネットや書籍でよく調べましょう制汗効果につながる方法は脇の「保湿」です。

肌は乾くと、皮膚を乾燥させないために皮脂や汗が分泌されます。

これは体の重要な機能ですが、脇でこの機能が発揮されてしまうと、ワキガというトラブルが発生します。

ワキガを抑えるクリームの中には、アロエエキス、オウゴンエキスなどの植物エキスや、保湿成分として海藻エキスなども活用されているものも多く、こうした成分がふくまれていることで制汗の効果を望向ことができます。

臭いのがきつい脇汗が原因のワキガはワキなどに多くある「アポクリン汗腺」が持とになっています。

アポクリン汗腺から分泌される汗は、ミルキーカラーの色をしており、脂質やタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素です)がふくまれているからと言われています、このエクリン汗腺から出る脇汗とは違う汗を、ワキにある皮膚や毛を住まいとしている雑菌が分解することにより、ワキガが発生します。

内臓疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)が原因で汗に臭いがあったり多汗症など特定の理由が原因でないならからだを毎日ていねいに洗い、不必要に発汗しないようにするなど、身だしなみとして対処することができます暑い時期には、自分で思っている以上に他の人に嫌な思いをさせていることもあったりします。

きちんと脇汗の臭い対策をして、「脇汗が臭う!」と思われないようにチェックをしっかりしましょう。

わきが臭の元はアポクリン腺という汗腺の汗が元です。

でも、汗そのものは無臭です。

皮脂とエクリン腺から排出された汗が混ざって、雑菌によって分解され、匂いという形になります。

脇毛によってわきが臭を作る雑菌の温床になりやすいので、処理をした方が良いのですが、毛抜きで抜くのはやめましょう。

アポクリン腺を通った汗がでてきやすくなります。

脇毛は、抜くのではなく剃ることで対処しましょう。

体臭を防ぐ効果が期待できるクリームを活用して臭いを抑える事もできますが、ワキガ体質の場合や症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が軽いワキガの人にとって、対処できる方法と言われています。

塩化アルミニウム液、臭化プロバンテリン、そして渋皮エキスも効果が期待できるようです。

でも、健康状態に問題があったり、メンタルのバランスが崩れているときは、自律神経が混乱している事もありワキガ臭が強くなっている可能性がある人には、それらに働聞かける薬も処方されることもあります。

わきがケアの基本として、まずはじめに汚れを落とすこと、また乾かないようにする事です。

肌に汚れが残っているとわきの肌表面に問題が発生します。

さらに、肌の乾燥もまた外部の刺激から肌を守る機能を弱めてしまうことになるため、保湿を欠かすことがないようにして頂戴。

しかしながら、保湿をおこないすぎることもよくないことです。

汗腺の種類には『エクリン腺』と『アポクリン腺』の2つがあります。

全身にある『エクリン腺』から流れる汗は、95%が水分なので、サラサラしていてニオイがでません。

緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。

手汗の量が多い「多汗症」もエクリン腺から分泌される汗が原因です。

思春期に脇や外陰部など、決まった部分に発達する『アポクリン腺』の汗も、かいた直後はまずニオイはしません。

ただし、対策しないまま時間が経過すると細菌が汗を分解して、「ワキガ」特有のニオイを発生します。

また、衣類に染みこむと、黄ばみや汗ジミの原因にもなります。

ワキガの影響を受けている人が多い欧米と影響が少ない日本。

その差は何か。

食に関しての背景が違うからと考えられています。

高いカロリーや脂肪分の多い食べ物では、皮脂腺、アポクリン腺が働きやすくなります。

でも野菜や魚、そして穀物ならビタミン。

ポリフェノールなどワキガという体質の改善に効果を発揮すると言われる栄養がふくまれます。

これを見ると、魚・野菜がメインのご飯をしている日本に比べ、肉類が食生活の中心の欧米はワキガ体質が多いことが理解できます。

わきが対策にとって理想的な考えは、少しでも早く、そして簡単という点ですね。

できる事なら、手術のように金額が高く傷跡が残るリスクは回避したいです。

では、わきが対処のやり方として最初に取り組向ことができる方法、そして「わきが対策用のクリーム」を使ってみることです。

1日に1〜2回塗るだけでわきがの臭いが消えてくれるなら、気分も良くなりますよね。

気を付けたい点として、わきがクリームにはイロイロな製品があるのでしっかり選ばなければなりません。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 脇汗を手術せずに止める方法 All rights reserved.